Blog
  • 十五夜会
    2021.05.25
    デザイン関係者の交流会 第84回十五夜会【ご報告】

    84回目の十五夜会のご報告と次回のご案内です。

    今回の十五夜会も、ZOOMを使って行いました。参加者は9名の方にお集り頂き開催致しました。
    内訳は、作家0名。デザイン制作4名。イラスト制作1名。カメラマン0名。ホームページ制作0名。映像制作0名。その他4名です。

    今回の十五夜会のメインゲストは、書道家の山田蓮華〈やまだれんか〉さんです。
    小さい頃、書道教室に通っていたため、字が綺麗であることをよく周りから褒められていたという事でしたが、書道の道に進むのではなく、社会に出てからは10種類以上の色々な仕事に就いたそうです。そして10年ほど前、あるご縁がきっかけで、自分自身にできる貢献はという所から書道の師範を目指して、弟子入り。今では、書道教室からパフォーマンス書道まで、様々な書道を教えたり、掛け軸を書いたりと幅広く活動をされています。最近では書道教室に求められることも様々で、単に字を綺麗に描けるようになること以外にも、子どもをあづかってほしいなど様々な親御さんがいるそうです。また、子ども達が習い事を始める前に聞く事に、「宿題は無いの」と聞かれるそうです。「無いよ」というと、子どもたちは、それならやりたいという事になるそうです。うちの子でも感じますが、私たちの子どもの頃と比べると、最近は学校は宿題が前より多いような気がします。学校の勉強もしながら習い事をするのは大変なんだろうなと思います。他には、子ども達の感受性を養うために奈良県の和紙を使って、作品展の作品を書いてもらうこともあるということでした。大人は高い紙だとなかなか筆を落とすことができないらしいですが、子ども達は書いた後に、違いを感じて色々と聞いてくるそうです。そのような体験が子ども達の色々な可能性を広げる事に繋がるんだなと感心しました。炭の香りは、癒しの効果もあるということなので、大人の書道を楽しんでみたいと思いました。

    次回は、6月15日はグラフィックデザイナー、クリエーターの望月正明広告事務所 代表 望月正明さんにお話をしていただきます。どんなお話が聞けるか楽しみにしていてください。

    アドラインプラス 小野