Blog
  • 十五夜会
    2022.05.18
    デザイン関係者の交流会 第95回十五夜会【ご報告】

    95回目の十五夜会のご報告です。今回の十五夜会の参加者は19名です。名古屋市伏見の屋台やさんの3階会議室をおかりして行いました。内訳は、デザイン制作6名。イラスト制作2名。カメラマン2名。ホームページ制作1名。映像制作3名。その他5名です。
    初参加は7名。デザイナーが2名。カメラマンが1名。映像制作が1名。学生が1名。その他としてデザイナーを目指しているの方、交流会の主催などを考えている方でした。初参加の方がとても多く、とても楽しい会となりました。

    今回の十五夜会のメインゲストは、映像プロデューサー・ディレクターのプチフィルム株式会社釘松 靖幸さんです。前回から、参加された方にメインゲスト報告の内容や感想を書いていただく事としました。それでは、メインゲスト報告の内容です。
    今回のメインゲストは釘松靖幸さんです。
    28
    歳の時に独立し、映像・動画の企画や制作を行う「プチフィルム株式会社」を立ち上げて15年になります。代表取締役の釘松さんと社員である山木さん、平林さんの三人で仕事をしており、すべての仕事がBtoB
    下請け仕事はほとんどおこなわず、映像制作を必要としている会社にノウハウや技術の提供をしています。

    代表的な仕事として紹介して頂いたのは、豊田通商 シンフォニートヨタビル オープニングセレモニーの映像です。先方からの依頼は、「9社一致団結できる映像」。そこで釘松さんが提案したのが、交響曲(シンフォニー)でした。プチプチや車のパーツなどの各社の代表製品から出る音をベースにオーケストラのように演奏をする映像です。9社全ての魅力があの短い時間に集約されていて、見る人も出ている人も楽しめる素晴らしい映像でした。

    その後、社員の皆様も最新の実績を紹介して頂きました。
    平林さんは、中部テレコミュニケーション株式会社の動画を、
    山木さんは愛知産業大学の動画を実績として紹介していただきました。
    プチフィルムでは「みんなで豊かになろう」をスローガンに活動しています。釘松さんがお子様が生まれたことがきっかけで、子どもに豊かさを与えたいという想いが強くなった事からこのようなスローガンを作られたそうです。

    私としては「クリエイター同士での受発注によって循環が生まれ、より良い仕事やクリエイター全体の豊かさにつながる」というお話がプチフィルムの理念が強く出ていると感じ、とても印象に残りました。
    (ライティング/山崎文也

    報告に関しては以上です。
    次回のメインゲストはニジラボという屋号でWEBデザイナー、動画クリエイターとして活躍するユメノさんです。最近動画制作のお仕事が増えてきているという事です。「この人に頼めば楽しいものを作ってもらえるだろう」と思っていただけるような制作をしていきたいという思いで活動をされています。当日は、最近の実績も紹介をしていただけるとおもいますので、楽しみにしてください。ぜひご参加ください。