Blog
  • 十五夜会
    2022.03.29
    デザイン関係者の交流会 第93回十五夜会【ご報告】

    93回目の十五夜会のご報告です。

    今回の十五夜会も、ZOOMを使って行いました。参加者は11名です。
    内訳は、デザイン制作4名。イラスト制作3名。カメラマン0名。ホームページ制作1名。映像制作0名。その他3名です。
    今回も、2名の方が初参加して頂きました。一人は、イラストレータを中心として
    もう一人はデザイナー兼イラストレーターをしている方でした。

    今回の十五夜会のメインゲストは、イラストレーター & デザイナーのスミ マミ (鷲見 真実)さんです。
    当日は、事業説明の資料をもとにお話をして頂きました。
    子どもの頃から絵を描くことが好きで、夏休みのポスターには全てのテーマに応募するほどでした。そして夢は漫画家になる事。大きくなり美術教師を目指して教育大学に入り、金属工芸という立体物を作ることを勉強しますが、立体を作るのがあまり得意ではないことに気づきます。そのため大学生時代は大好きな漫画を書いて販売するなどを行なっていたそうです。
    大学卒業後に本当にやりたい事を考えてみると教師になる事ではないと思い、基礎からデザインの勉強をしたいと思い広告デザイン専門学校に入学しました。在学当時は、賞にも応募し入賞された事も何度かあるそうです。

    専門学校を卒業後、ゲームの制作会社に入り、あるゲームの立ち上げから関わっていたこともあり、アートディレクターとしてチームでのモノづくりを学びました。
    6年間務めて楽しい場ではあったが、ディレクターとなると自分で制作に関わることができない事が多く、やはり自分自身で手を動かし、イラストを描いたりデザインをしたいと独立を決めたそうです。

    スミ マミデザインのミッションは、お客様が形にできないふわっとしたイメージを「ちゃんと」した形にして世の中に送り出すことです。また、大事にしている価値観は、4つあります。
    1つ目は、「届いた先の体験を創造。」デザインは受取手の人を動かしてこそ意味がある。本当に伝わるデザインとは何かを常に考えながらデザインを作っています。
    2つ目は、「クリエイティブプラス。」お客様とのコミュニケーション、アフターサービスなどありとあらゆる事にまで、常にクリエイティブ120%で応える。
    3つ目は、「寄り添い頼れるパートナー」。隣にいる絵が上手い人ぐらいに思ってもらえるぐらいの距離感でお客様のそばにいて、スタートからゴールまで二人三脚で歩めるパートナーになりたいと思っている。
    4つ目は、「進化し続けるサービス。」常にサービスの品質向上を考えて自分自身をスキルアップし、お客様の期待の上をいく仕事を行なっているという事でした。この価値観を大切にして仕事をされているという事でした。

    この後、制作実績も見せて頂きました。挿絵、キャラクターデザイン、漫画、映像素材、リーフレットなど幅広い仕事の実績を見せて頂きました。まだ、独立して1年ぐらいとは思えないぐらいしっかりした軸を持ったデザイナーであり、イラストレータであると思いました。今後の活躍が楽しみです。


    さて、次回の十五夜会ですが、リアルでの開催が決まりました。
    伏見駅近くの「寿司居酒屋
    や台ずし 錦二伏見町店の3Fレンタルルーム」にて行わせていただきます。
    久しぶりのリアル開催です。メインゲストは、アートディレイクターの藤森 晋一さんです。
    印刷会社、広告制作会社、広告代理店など経て昨年独立された業界的にもベテランです。
    当日は、藤森さんの半生とお仕事、今後のビジョンなどディレクターの立場から考えることなどを
    色々とお話して頂くということです。当日は、どんなお話を聞けるか楽しみにしてください。

    またリアル開催ですので、皆様に見せたいもの、宣伝などがございましたら、案内チラシ、会社案内、
    作品などをどしどしお持ちくださいませ。

    アドラインプラス 小野