Blog
  • 十五夜会
    2019.03.18
    デザイン関係者の交流会 第65回十五夜会【ご報告】


    今回の十五夜会も、新栄の「ぶくパル」さんをおかりして
17名の方にお集り頂きまして開催致しました。
    内訳 はデザイナー2名。イラストレーター2名。作家1名。ホームページ制作1名。写真1名。映像制作3名。その他7名です。
    初参加の方は3名です。前回初参加して頂いた方が一緒に会社働いている方をご紹介頂きました。
    その方は営業として働きながら、イラストレータとしても活動する方です。
    他にも会社に勤めながら、心理カウンセラーとして活動する方や
    映像の撮影・加工などを行なっているという方でした。
    いずれも会社勤めをしながら、活動をしている方ばかりでしたので、
    とても積極的に参加者の皆さまとお話をされていたのが印象的でした。

    今回のメインゲストは、ヘアメイクの仕事を行なっている多田 有沙さんです。
    ヘアメイクの仕事では、お客様からのご要望を形にする事が多いそうですが、
    どのようにしていいかが分からないという方には、その方の好きな事、好きな物などを
    ヒアリングする事でお客さまとの関係性をつくり、そのシチュエーションに合わせて
    お客様にあうヘアメイクをアドバイスしているそうです。

    結婚式、成人式などのイベントに呼ばれる事も多いそうですが、和装ヘアーから振り袖だからできる
    少し崩したヘアーまで最近のトレンドに合わせたヘアメイクを行なわれるとの事です。
    当日は、複数の実績をご紹介頂きながら、お話を聞かせていただきました。

    また、身体にペイントする事も行なっており、顔や臨月を迎える妊婦さんのお腹に
    ペイントするマタニティアートも行なっているとの事です。
    マタニティアートは最近では人気でご夫婦で記念撮影をされる方も増えて来ているそうです。


    最後の質問タイムの中で、なぜこの仕事をしているのかという質問に対して、心を磨いて魅力的な
    女性になるという考え方が一般的な考え方だとは思うのですが、多田さんは、ご自身の仕事を通じて
    外見を磨く事で少しでも楽しい人生をおくる事ができるようになり、
    自然と心が整っていくという流れを作るのも必要だと思っているというお話をして頂きました。

    さらに、自分に自身が持てない男性にも、眉毛や髪型を整える事で、顔つきをキリリとさせて、
    自分に自身を持ってもらえるような事も今後は行なって行きたいとの事でした。

    他にも、自分に合うメイク道具の同行ショッピングなどを行なって欲しいという要望などもあり、
    新しいビジネスの展開も予想できるような意見や質問がたくさん出て、とても有意義で
    楽しいメインゲスト報告となりました。

    次回は、似顔絵で複数の受賞歴を持ちで、テレビ出演などもされているアトリエ・ソラーレの金井香澄さんです。
    似顔絵で、人を笑顔にしたいと1998年からプロの似顔絵師として活動をされています。
    2012年にアトリエ・ソラーレを設立して、「喜ばれる似顔絵を、⼀⼈でも多くのお客様に届ける」を
    指名に活動されています。
    当日は、どんなお話をして頂けるか、とても楽しみです。是非、ご参加ください。

    アドラインプラス 小野裕司