Blog
  • みんなのいろいろ
    2021.10.29
    デザイナーの日常(16)

    こんにちは。アドラインプラスの舘です。
    今回は、映画についてのお話。

    映画って、いつか見ようと思っていると、いつの間にか上映期間を過ぎてしまうんですよね。
    けど、他にも愛知県内には素敵な劇場がある訳で。
    どうせならその劇場で見たいなと、思わせてくれる場所があるんです。

    刈谷にある素敵な映画館

    今回は刈谷にある刈谷日劇へ行ってきました。
    場所は刈谷駅ではなく、そこから一駅隣の名鉄三河線「刈谷市駅」。
    せっかく刈谷に行くのだからと思い、サマーフィルムにのってBILLIE ビリーの2本を見てきました。

     

    久しぶりの刈谷、久しぶりの映画館。それだけで、見る前からとてもワクワクしました。
    ポスターも素敵。偶然にもどちらも叫んでいるような構図。

    パンフレットデザインのお話し

    気に入った映画のパンフレットは必ず買うタイプなので、販売していたサマーフィルムにのってのパンフレットも購入しました。
    パンフレットは、映画の余韻に浸ることができていいですよね。
    デザインや紙質などがこだわっていると、誰が作ったのか知りたくてクレジットを見てしまいます。
    サマーフィルムにのってのパンフレットは、Iyo Yamauraさんのデザインでした。
    Iyo Yamauraさんは、映画『かそけきサンカヨウ』のタイトルロゴもデザインされています。

    他に最近気になったもので言うと、昨年話題になったミッドサマーも素敵でした。
    ミッドサマーのパンフレットは大島依提亜さんのデザインでした。
    『万引き家族』とか『アメリカン・アニマルズ』とか、『最強のふたり』とか『めがね』も大島依提亜さんのデザインです。どれも拘ったデザインなので、見ていて楽しいものばかりです。

    好みの映画がわかると、携わっているデザイナーさんも同じなことに気がついて面白いですよね。
    そして、映画好き・映画パンフレット好きな人には、こちらもオススメです。

    映画パンフ好きの、映画パンフ好きによる、映画パンフ好きのための本「PATU MOOK」。
    まさに私のための1冊。創刊号は「大島依提亜と映画パンフ」特集。
    映画パンフではもうお馴染みの大島さん。過去に携わったお仕事について詳しく知ることができます。
    https://pamphlet-uchuda.stores.jp

    映画好き紙もの好きには、映画パンフレットはとても大好きなツールで、「PATU MOOK」を読むと、より表現の楽しさに気づくことができます。

    今年ももう数ヶ月となりましたが、まだまだ観たい映画があるので、見逃さないように。
    そしてパンフレットを買い逃さないようにしなくては。