Blog
  • 十五夜会
    2022.03.07
    デザイン関係者の交流会 第92回十五夜会【ご報告】

    第92回目の十五夜会のご報告です。
    今回の十五夜会も、ZOOMを使って行い、参加者は12名の方にお集り頂き開催致しました。
    内訳は、デザイン制作6名。イラスト制作3名。カメラマン0名。ホームページ制作0名。映像制作0名。
    その他3名です。
今回、2名の方が初参加して頂きました。
    一人は、イラストレーター兼デザイナーを行っている方。
    もう一人は東京の方でイラストレータとして活躍している方でした。

    今回のメインゲストは、デザイナーの古田倍己さんでした。当日は、古田さんの小さな頃から今までの事を、
    古田さんらしい手書きのイラストを入れながらおもしろ、おかしくお話をして頂きました。
    古田さんは、岐阜県土岐市出身。現在は、日進市に住んでいます。
    小学生の時は、漫画が好きでよく4コマ漫画を描かれていたらしく、
    新聞の募集コーナーによく投稿されていたという事もあり、
    何度か掲載をされたというお話をされました。
    また、工作では、とても細かいものまで作る器用な少年だったようです。
    中学生頃から映画にはまり、丸一日映画鑑賞を行なったりして過ごすことが多かったということで、
    特に特殊メイクが好きで映画雑誌などをよく見ていたらしいです。
    ちぎれた指などをねり消しゴムなどを使ってリアルに作って、それを使って人をビックスさせたりしていたらしく
    とてもいたずら好きだったそうです。

    社会人となり印刷会社に入社。アナログ時代からデジタルへの移行を経験。
    企画部の立ち上げに関わりデザイン制作の中心として現在も頑張っています。
    今まで作られた作品を見せて頂きましたが、学校関係のパンフが多く実績として紹介されていました。
    また、個人的にもロゴ、ポストカード、年賀状、PTA便りなど様々な作品も見せて頂きました。
    その作品の中で印象的だったのが、必ず何かの仕掛けがデザインの中に入っている事。
    みた人が、気づくかどうかわかないけど、どこかに何かのアイデアが隠されていて、
    とても楽しめるデザインになっているのが印象的でした。

    他には、趣味の自転車では、毎日20kmかけて通勤。
    今までの走行距離でなんとオゾン層を往復するぐらい走っているなどビックリする距離を走っています。
    そして、長い自転車人生の中でテレビに出たり、googleマップの写真にもこっそりと登場しているらしく、
    まるでウォーリーを探せのリアル版。古田さんを探せができるという情報がとても面白かったです。
    とてもアイデア満載で楽しい報告に時間が経つのがあっという間の、報告となりました。

    さて、次回の十五夜会ですが、メインゲストはイラストレーター & デザイナーの鷲見 真実さんです。
    鷲見さんは、弊社が運営していたTORIDEに学生時代に展示で参加してくれていました。
    そのお店で出会った人がきっかけでゲーム制作会社に就職。ディレクション業務ではなく、
    クリエイティブな仕事をもっと行いたいということで独立されました。
    当日は、どんなお話が聞けるか楽しみにしていてください。

    アドラインプラス 小野