Blog
  • みんなのいろいろ
    2019.06.19
    デザイナーの日常

    初めまして、2010年入社の舘(旧姓:山口)です。

    この「デザイナーの日常」では
    日頃私が興味を持っているモノやコトをテーマに
    仕事以外の日常をお伝えしていこうと思います。
    よろしくお願いいたします。

    記念すべき初投稿は「美術館」。

    とある雨の降る日、リニューアル後初の愛知県美術館へ
    「アイチアートクロニクル1919-2019」を見に行ってきました。
    メインビジュアルは鷲尾友公さん。(実は高校の先輩なのです)

    「アイチアートクロニクル1919-2019」は
    洋画グループ「愛美社」の第一回展が開催された1919年から、
    2019年までの100年分のアートシーンを観ることができます。

    100年分の作品を観れるというだけあって、見ごたえのある作品数でした。
    入り口に置いてある作品一覧もA3サイズの両面印刷が2枚分で、
    手に取った時点で「今からこんなにも作品を観られるのか」という
    嬉しさと若干の不安がよぎりますが
    年代ごとに配置されているのでとても見やすかったです。

    個人的に、名古屋丸栄百貨店のエレベーターの扉絵で有名な
    東郷青児さんの作品を観ることがてきて嬉しかったです。
    (展示作品は、エレベーターの扉絵とは別の作品です。)

    絵画や彫刻だけでなく、前衛パフォーマンスアート集団である
    ゼロ次元の這いずりパフォーマンス動画だったり、
    ゼロ次元の中心人物だった岩田信市さんの「ウォーキングマン」で
    1969年当時の名古屋の街並みを見ることができたり
    いろんな角度から愛知のアートシーンを堪能することができました。
    この展示を500円で観ることができるのが信じられません。

    そして、図録はもはや教科書。
    336頁で厚みのある内容。税込1,600円とお手頃価格でした。
    時間のある時に、ゆっくり読みたいと思います。

    展示は今週末(6月23日)までです。お見逃しなく!

    ________________________________________________

    愛知県美術館リニューアル・オープン記念
    全館コレクション企画「アイチアートクロニクル1919-2019」
    2019年4月2日(火)〜6月23日(日)
    愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
    10:00〜18:00
    金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
    毎週月曜日は休館日
    観覧料は一般 500円