Blog
  • みんなのいろいろ
    2021.09.29
    デザイナーの日常(15)

    こんにちは。アドラインプラスの舘です。

    数年前に話題になった名古屋の魅力度ランキング。
    魅力ある都市は日本に沢山あるので、地元を褒めないということは少なからずあったり。

    けど私は名古屋生まれ、名古屋育ちで、ずっと名古屋にいます。
    意識していないだけで、改めて考えると「なんだかんだ名古屋が好きだな」って気づきました。

    名古屋好きな人、結構いるんでは?
    そう思い意識してみると面白い本と出会えます。

    今回は、名古屋にまつわる本のお話です。

    ●名古屋渋ビル手帖
    名古屋やその周辺の地域にある、地味だけど味わい深い渋いビルの魅力が詰まった小冊子。

    私は散歩をしながらレトロな建物を見つけるのが好きで
    今から10年近く前「名古屋渋ビル研究会」というブログを読んでいました。
    その後2012年から発行された「名古屋渋ビル手帖」。
    まだ知らない素敵な建物に出会えて、より地元が好きになりました。

    生活に馴染みのある、普段から目にしている町のビルなので、
    よく目にする観光本には載っていない、新たな名古屋の面白さが味わえます。

    https://shibubuilding.themedia.jp/

    LOVER’S NAGOYA
    「名物」より「好物」を集めた名古屋案内本。

    現在「vol.01 伏見・丸の内」「vol.02 名古屋・国際センター」「vol.03 鶴舞・上前津」の3冊が発売されています。
    馴染みの行ったことあるお店や、気になってはいるけど入ったことのないお店が載っていたり。
    地元の方が愛する場所ばかりなので、つい足を運んでみたくなります。
    まだまだ知らないスポットを知ることができるのも嬉しいです。

    https://loversnagoya.stores.jp/

    ●棲(すみか)
    よりよく暮らすための、よりよく生きるための「衣・食・住」の提案本。

    この冊子は名古屋だけではなく、東海地方で自分らしく暮らしている方を紹介している本で
    10年近く前、引越しを考えていた時に出会いました。
    普通の不動産サイトにはない、リアルな暮らしを知ることができるので
    引っ越したらどんな空間にしようか、想像をしてワクワクしたのを覚えています。

    ※現在は本の発行を終了しているので、写真中央のリノベーション特集(15号)が最終号となります。

    http://www.jiyukukan.net/magazine-sumika.html

    気軽に旅行に行けていた時は、旅先で出会った方におすすめのお店を聞いたりすることがありましたが
    その土地ならではの魅力が冊子でいつでも知ることができるって、素敵だなと改めて感じました。

    今回ご紹介した「名古屋渋ビル手帖」「LOVER’S NAGOYA」は、覚王山にあるON READINGさんで購入が可能です。ONLINE SHOPだと、渋ビル手帖8冊セットでの販売もあります。笑
    https://onreading.jp/

    今回ご紹介した本を読むと、読む前よりも、より一層名古屋を好きになっている気がします。
    名古屋の人にも、名古屋以外の人にも(つまり全国民)オススメな本の紹介でした。